​創設の背景

​創設の背景

私は企業人として事業に励む傍ら、長年にわたって卓球というスポーツに関わり、選手として、日本代表チームの監督として、30以上の国々と交流を深めてきました。その中でいつしか、開発途上国で卓球スクールを是非とも作りたいという強い思いを抱くようになりました。

一方、妻の和子は以前から、発展途上国の恵まれない子供たちに対して何とかできないか、何か役に立つことはないかとの思いがあり、夫婦で模索してきました。歳とともに、その思いがますます強くなってきましたが、しかし、どのようにすればよいか分からないまま時を過ごしていました。

そのような中、日本貿易振興機構(ジェトロ)の関係者を通じ、ラオスが教育面でミャンマーやカンボジアより悪い状況にあることや、仏教徒であると同時に親日国であることなどを知り「長年、夫婦二人が抱いてきた思いと合致する」と、ラオスでの学校建設に思い至り、2015年、小学校と卓球スクールを建設、寄贈をしました。

この学校で「夢や目標を持つ」ことを学び、日本はもとより世界に飛び出し、将来、ラオスの国の力となるような世界でも活躍できる子どもたちを一人でも多く輩出することができれば、こんなに嬉しいことはありません。

また、卓球がラオスで普及し、ここから世界選手権に出場する人材が育ち、国際的に活躍する選手を輩出できたら、どんなに素晴らしいことだろうと、夢が膨らんでいます。

一般財団法人 KODAMA国際教育財団
理事長 兒玉 圭司