自分の選択で良い人生を生きよう

中国古典の「後漢書」という歴史書の中に「疾風勁草」という言葉がある。

「疾風」とは、激しい風、 「勁草」とは、強い草である。

風の無いときは、強い風も弱い風も区別がつかない。

だけど、激しい風が吹き荒れると、

弱い草はとたんに地べたに這いつくばってしまう。

ところが、強い草は、そんな時でもすっくと頭をもたげている。

激しい風のときにこそ、強い草の真価が発揮される。

人間もそれと同じことで、困難や逆境に陥ったときに、

その人の真価が試されるのだ・・・という。

脆い人は、1回の逆境でずるずると沈んでしまうが、

「勁草」のような人は逆境をバネに、新しい飛躍を遂げる。

私は若いときに、ある書物でこの言葉知った。

それ以来、そういう「勁草」のような逞しさを身につけたい・・・と思って、

苦しいとき、困難にぶち当たったときには、

「疾風勁草」という言葉を思い出し、自分自身を勇気付けてきた。

現在の自分自身は、すべて自分の「選択」の結果です。

今迄体験してきた、良いものも、良くない体験も、偶然に出会ったことも含めて、

自分自身が選んできたものです。

私自身、非常に苦しい時期もあり、

自分の人生もこれで終わりか・・・と思うような体験もしましたが、

その都度、「疾風勁草」を思い出し、周囲の人達に助けられたり、

素晴らしい方々との出会いにより、運が開け、運勢に勢いがついてきたりしました。

要するに、今までの人生はすべて選択の結果です。

ですから、これからの人生も自分の選択の結果によって、

今後の人生に大きな差が出てくるということです。

成功者になって幸せな人生を掴むか、あるいは並の人か、それ以下の人になって

人生を終わるのか、すべては自分の選択にかかっているといえます。

成功する人は、成功することを信じて疑わない人。

まずは思うか、思わないか、ただそれだけの違いです。

今の自分を観るときは、自分は、大切な人生を与えられているんだ・・・

という観点から、考えていくことが重要です。

すべての源は自分にあるのです。

世の中には、結構自分の力や可能性を信じようとしないで、

自分より優れていると思える人や、力のある人に、自分の人生を任せてしまおう

という生き方をしている人がたくさんいます。

自分の人生、すべて「あなた任せ」の生き方、「他人がすべての源」という見方です。

だから、欲しいものが手に入っても、チームの目標が達成しても、

自分自身の自信とかパワーにはつながらない。

与えられた人生をどう生きるかは、それぞれの人の自由です。

しかし、我々は幸せになるために、この世に生を受けたのです。

自分の人生は、自分にしか生きられない。

であれば、失敗を考えないで、成功している自分の姿を信じて生きてみようではないか。

今、自分がやりたいこと、達成したいことに焦点を当てて、

それを実現した姿や情景を思い浮かべてみる。

そして、それをやっている時、自分がどれ程活き活きとしているか、

幸せな満足感を感じているか・・・と想像してみる。

そして、正直に素直な気持ちで、自分の心に問いかけてみる。

本当にそれを手に入れたいのか、或いは手に入れない自分で満足できるのか、

チェックしてみる。

思っているだけで、できない自分が自分らしいのか。

やりたいことに向かって、難しくても勇気を振り絞って、

一歩を踏み出す自分が自分らしいのか。

最終的には、自分の「選択」以外にはない・・・と私は信じている。

4回の閲覧