脳の働きを知り、直感やひらめきを高めよう

『脳の働きを知り、直感やひらめきを高めよう』 私たちのは、目標や夢が定まるとそれに向って自動的に働き出すという、 すばらしい力が備わっている。 この力を有効に働かせるためには、



以上のようなことが決まっていることが大事です。 「原因と結果の法則」というのがあります。 「結果は、原因から生まれるものであり、原因が結果を生じさせる」という意味の法則です。 目標を達成させたいと考えたときの原因はその動機に当ります。 何故、その目標を立てたのか、立てようと思ったのか、 その動機をしっかりさせ、そこに強い意識を持つことで、 モチベーションを維持させ、行動力の源につなげることです。 また、目標や夢に向かって、創造的な人生を歩むためには、優れた発想力も大切です。 発想力を磨くには、メモ帳やノートを持ち歩くようにして、 見たり、聞いたり、「ハッ」と思ったことなどを、 どんどん書き留めておく習慣をつける事も大切です。 ふとスマホを見たらその瞬間にメールが届いた。 友人のことを久しぶりに思い浮かべていると、その友人から電話がかかってきた。 あるいは、その友人が現れた。などといった経験をしたことは誰でもあると思います。 理屈や論理的な説明ができない直感やひらめきインスピレーションは「右脳」の働きです。 そして、直観力が高まってくると不思議なことが多くなります。 思いがけない幸運に巡り合ったり、ビジネスでチャンスを得たり、 すばらしい出会いに恵まれたり、絶妙なタイミングで、いろいろなことが起こります。 直感とは、右脳の思考モード」なんです。 私達の意識には、無意識と呼ばれる領域がありますが、 右脳は、そのような無意識領域とつながっている脳です。 直感インスピレーションは、無意識領域から上がってくるさまざまな情報を、 右脳がキャッチして現れる現象です。 直感ひらめきを得るために、大切なことがあります。 それは、新しい考え方や思いを受け入れる姿勢が大事です。 新しい情報を得ることに対して積極的か、それとも消極的かによって人生が変わってきます。 情報のという字は「心を青く」と書く。という字は「幸せを及ぼす」と書く。 青く澄んだ心で、幸せを及ぼしていきましょう情報には心の習慣を変え思考パターンをも変える力があります。 古い習慣にとらわれ過ぎず、素直な心で受け入れることです。 新しい心の習慣を作るには、新しい情報を繰り返し取り入れることも大切です。 繰り返しを意識することによって、新たな情報は潜在意識に刷り込まれ、 新たな行動パターンを作り出します。 新しい習慣や、思考パターンを潜在意識が受け入れるまで、繰り返すことが重要です。 人は、新しい考えや、行動に対して、まず初めに抵抗を感じるものです。 頭では納得ができても、なかなか習慣を変えられないのも事実でしょう。 過去に経験した嫌な思いや、良くない習慣を消そうと、頭でいくら考えても、 疲れてしまうばかりかもしれない。 そのようなとき、無理に変えようとしなくてもいいのです。 その代わり、新しい考え方に基づいた、新しい習慣を作って、 プラスの言葉をニッコリと笑顔で言う習慣を作れれば最高です。 『3週間続ければ一生が変わる』(海竜社)の著者ロビンシャーマは、前向きな心構えについて、 「人間が持っている最高の資質は、困難な状況をもっと賢明で前向きな方法で再構成し、 解釈しなおす能力です。 どんな問題を処理するにせよ、 自分がおかれている状況の責任は、自分にあることを認める勇気を持ち、 私たちには、その逆境を有利な立場に変える能力もあることを理解して、 人生最大の逆境は、つねに人生最大の幸福を示してくれるのです」と述べています。 ポジティブに生きるための新しい習慣には、周囲の人に笑顔で接する習慣、 落ち込んだときにすぐ気分転換をする習慣波動の良い人と付き合う習慣などがあり、 このような良い習慣を身につけることだけに集中することで、 気がつくと自分のマイナス面が消えている、 或いは、まったく気にならなくなっているということが起こります。 どんなことでも柔軟に受け入れることのできる心の働きを大切にしよう

4回の閲覧