新記録達成おめでとう!

秋季リーグ戦が終わり、学連主催の団体戦は全て終了した。

インカレ4連覇、リーグ戦6連覇、明治大学にとっては新記録が達成出来た。

苦しい状況を耐え抜いて、よくぞ頑張ってくれた。 心から“おめでとう”と言いたい。

そして特筆すべきは、遊沢主将が団体戦において、インカレ、リーグ戦共、4年間無敗と

いう連勝記録を達成したことである。 これは日本卓球界史上、初の超快記録である。

この記録は、今後タイ記録の可能性はあるにせよ、絶対に破られることのない記録である

心から賞賛したいと思う。



さて来年は、明治大学を背負って来た主力3選手が卒業する。

3年生以下の現在の戦力をみると、明らかに他大学より劣る。

自他ともにこれは認めざるを得ない。

それだけに“心機一転”やり甲斐を感じ、「よしやるぞ!」という気力が沸いてくる。

人間にとって環境は重要である。 生まれついての才能も関係するが、それが芽を吹き、

花を咲かせるかは、置かれた環境に左右される。 恐ろしいことは、悪い環境にいつまで

も身を置くと、時の経過と共に、そういうものだと思い込んで、そこに慣れていってしま

う。

「貧すれば、鈍する」ということになる。

幸い君達は素晴らしい環境に身を置いている。

指導者に恵まれ、先輩に恵まれ、親身になって応援し、勇気付けて下さる方々に恵まれて

いる。

そして何と言っても、この不況の中、君達のために仕送りしてくれている親に感謝の心を

忘れてはならない。

君達の今の仕事は学業と卓球だ。

学業は特別、成績が良くなくても普通であれば良い。

しかし、卓球は自分の志した道、青春の全てをかけて極めなければならないと思う。

それが感謝の報恩となる。

「いずれ俺が明治大学を背負ってやるんだ。」という気概が大切。

人間は本来、無気力を跳ね除ける力を持っている。

意志や意識の持ちようによって、自分の環境を変えていくことが出来る。

それが向上心というものだ。

大発明家エジソンは、「成功は99%の努力と1%のひらめきである。」と言っている。

努力、やる気、本気で行動すれば、この世の多くのことは達成出来る。

まず、やる気を起こす。 そして、行動する。 成功する迄努力することである。

明治大学卓球部にとっては、これから新しい挑戦が始まるのだ。

その先陣は誰が切るのか、楽しみである。

1回の閲覧