新聞の投書欄。中学生の一文を見て感じたこと

8月23日、家に帰って夕食後、読売新聞の朝刊を再度、 パラパラとめくっていたら、 投書欄の一文に目が留まった。 この中学生の感性に嬉しくなり、切り抜いておいた。












君達が14歳の頃は、卓球を始めて何年経っていたのだろうか? 一日も早く、強くなりたい、 同世代で願晴って立派な成績を挙げている選手に、 追いついて追い抜きたい、 将来は日本の一流選手になりたい、 日本のチャンピオンになりたい・・・、 いや世界一になりたい・・・と 夢を膨らませていたのではないだろうか?

一流選手になるために、誰もが同じスタートを切ったと思う。 一流選手になるためには、まずは自分を一流選手だと思って、 一流選手になるための振る舞いを心掛けて行動することです。 決して、難しいことではありません。

夢や目標から現実を引けば、それが努力目標です。 (夢(目標)-現実=努力目標) 今、やっている、目の前にあることに全力で取り組む。 決して、諦めることなく続けること、が最善の道です。

夢には、小さいも、大きいも、尊いも、尊くないもありません。 大事なのは、夢を持って、努力し続けることです。

夢は、成長するから、その理想になかなか届かない。 だからその届かない現実に対して、 憤りを持って、自分を激励する。 それが、夢を叶えるための性格の第一歩だということを、知っておこう。

人間の能力には、大きな差はありません。 差があるとすれば、解りやすくいえば、 それは「やる気」と「やる時間」です。

やる気のある人は、どんなに厳しい訓練でも、 自分の将来のためになるという思いが強いから、 楽しくて楽しくてたまらない。

楽しければ、どんどん成長するし、 さらに「やる気」につながり、好循環が続いていく。 しかも、それは自分のためだけではなくて、 周りの人のためにもなっていきますから、 人間性が高まっていきます。

その結果、周囲の人々からも認められ、明るく、楽しい将来が待っていて、 実りある人生を送ることが出来る・・・と、信じています。

45回の閲覧