新年度をキッカケに自己運を開こう!

『新年度をキッカケに自己運を開こう!』 今月は2016年度の始まりです。 年始の1月1日、年度の始まり4月1日というのは、この一年の中で大きな節目です。 この節目を大きなキッカケとして、自分の人生にどのように活かしていくかによって、 自分の将来が変わっていくものです。 私は「」について、今までも折に触れ、色々な角度から話しをしてきました。 ここでもう一度、今年度の始まりに当って「」について考えてみましょう。 私は今日まで、「」と「」に恵まれて、本当に明るく楽しい人生を歩んで来ることができました。 これから、もっともっと、楽しい将来が待っていると信じています。 そう考えてみると、人生というのは」と「の二つに尽きるのではないか━とつくづく思います。 「とは天から授かるもので、「は自分で築き上げていくものです。 「」というのは間違いなく存在する━と私は考えています。 人生で成功するかしないかを考えたときには、実力のあるなしよりも、 運のあるなしの方が先にくるのではないかと思っているほどです。 それは、スポーツの世界でも、政治、経済の世界でも、芸術、芸能の世界でも同じ。 どんな世界でも、実力がなければ上には行けませんが、 実力があっても、上がっていけない人も数多くいます。 大スターの歌がすばらしいのは実力ですが、 同じ位歌がうまくてもスターになれない人はゴマンといます。 「」には天運地運人運とありますが、 誰と会ったか、誰と深いお付き合いをして心と心が触れ合ったかによって、 人生が決まってしまうのではないか、と言っても過言ではないと思っています。 まさに、人運は大化けするのです。 人生に出会いがない人はいません。でも気が付かない人が多いのでしょうか。 人は、一生の間に出会う人の数は5万人とも、10万人ともいわれています。 その中で、人生が変わるキッカケを作っていただける人は、少ないかも知れませんが、 私には10名ほどいらっしゃいました。本当に感謝、感謝です。 その人に会ったことで人生が変わったということは誰にでも必ずあるのではないでしょうか。 つまり、天から授かったをいかに掴むかそれをどれだけ感謝していただくかそしてそのを活かすために、「をどのように自分自身で築き上げていくかが人生の決め手になります。 本当に、自分が、「を勝ち取ろうと思えばあらゆることに感謝の気持ちを持ち人との出会いを大切にする。 それが、天から「運」を授かり、それに続く「縁」と、 そのまた次の「縁」を作り出していくことに、繋がっていくのだろうと思っています。 チャンスというのは、その大きい小さいはあっても、まったく与えられないという人はいません。 「運を生かす」とは、そうしたチャンスがめぐってきたときに、 いかに自分のものとして、それを生かせるかどうかに掛かっているのです。 「他者運自己運に変えられたとき運命は好転するのです。 「他者運」とは、「人からもらった運」です。 例えば日本代表に抜擢された、抜擢されたのは「運」のよさだが、それは「他者運」にすぎません。 それを「日本代表として必ず活躍する」と決心したところで、「自己運に変えたことになります。 様々な困難や壁にぶつかっても乗り越えていけるのはそういうチャンスを自己運に変えることができたかどうかだと思います。 「自己運」というのは自分をどれだけ信じられるかです。 「のいい人の特徴としては、つねに自分の未来はすばらしいと感じています。 未来は、いま自分がつくっていて、未来がどうなるかはいまの自分が決めているのです。 人と会うのを億劫がる人のは弱いです。 「というものは人からいただいて開けていくもの。だとすれば・・・ 自分が出会う人の数に比例して、「運」に恵まれる機会が多くなる、と信じて行動しよう。 上の人に引っ張りあげてもらう「運」は、 上の人と会ったり話をしたりする機会を逃さないことが大事。 相手の人に近づきたいと思いながら、なにか風圧のようなものを感じて、 それに負けてしまう人が数多くいます。 しかし、その風圧を感じながらもそこに飛び込んでいけるかどうかが人生の分かれ道。 「運」をつかめる人になる一歩と言えます。 自分が好きなことワクワクすること得意なこと自分が楽しみながら自然に出来てしまうことをやっていくことが、 「のいい自分になれる近道です。 そして、好きなことだからこそ、もっと強くなりたい、上手くなりたいと、 ハードルを上げていけるのだと思います。 私は今まで、政界、財界、スポーツ界、学界、その他、あらゆるジャンルで成功している方々から、 一般の市民や、学生にいたるまで、多くの人々と接してきました。 そして、はっきりいえることは、 階層が上だからがいい下だからが悪いということは、全くありません。 「を開いていける人はやはり行動力があって努力している人ですお互いに自分のミッションをしっかり見つめて、「を開いていきましょう

3回の閲覧