成功への道 “自分の未来は自分が決める”

いよいよ学生卓球界の本格的なシーズンが始まる。

新たな気持ちで自分の未来を見つめ直そう。

“自分の未来は自分が決める”

君達もそうだと思うが、人間である以上多くの人達がこの考え方を認めている。

そして自分で自分の計画を立てて、それを実行に移し始める。

未来はいってみれば一つ一つの計画を実現させ、積み重ねた結果である。

自分の立てた計画が、不測の事態が起きて、うまくいかなくなったとき、

他人のせいにしたりしたら、それで終わり。

「何が何でもやり遂げよう」と踏張って計画を実現させる。

その実行力が自分の未来を築き上げるのです。

「目標の重要性」については、今まで何度も話をしたり、

この「今月の言葉」でも書いてきた。

具体的な目標を持つということの大切さが、

成功の秘訣だ、ということは誰でも知っているが

多くの人は、そのことには気付かず、成功の入り口に立つだけで終ってしまう。

成功者になれるかなれないか・・・

それは君達がどんな目標を持って、具体的な計画を立て、

それを実行するか、どうかにすべてがかかっている。

どんな目標を設定するかで、その人の人生は天と地ほどの開きが出来る。

なかなか成功できない人というのは、

心の底からこれだっ!と思える目標が見えていないものだ。

目標を持っているように思えても、実は持っていなかったというのが、

成功する人、しない人の分かれ目。

一般的に成功のノウハウとしては、集中力を持って、

絶対諦めず強い忍耐力を持って、そして人一倍努力をしろ・・・といわれる。

集中力も忍耐力も、勤勉性も、全ては情熱を傾けることが出来る「目標」を

持ってこそ引き出せる力です。

目標のないところに熱意やヤル気は起こりません。

ヤル気のない赤ん坊を見たことがあるだろうか?

そんな赤ん坊はいないはずです。

ヤル気という神秘的な力は、誰でも体の奥深いところに必ず持っているもの。

夢中になれるものに出会えば、誰でも必ず意欲的になり、情熱的になれる。

発明王のトーマス・エジソンは、電球を発明するために一万回もの失敗を

乗り越えたという話は有名だが、

彼は一度も「失敗した」などと考えたことはなかったと言っている。

エジソンはそうした失敗を繰り返すたびに「自分は成功に近づいている」と考えたという。

人はこれを忍耐力というが、エジソンは性格的には落ち込んだり、

短気でもあり、いわば普通の人だったそうです。

エジソンは諦めない人ではなく、諦めきれない程の目標を持った人だった・・・ということです。

この諦めない目標を持つ事が成功の秘訣だといえる。

成功の秘訣は、諦めない事ではなく、諦めきれない目標を持てるかどうかで決まる。

諦めきれない、これだけは絶対に達成したい!!・・・という

目標を持てたからこそ、諦めずにやり続けることが出来るのである。

では目標を持ったら具体的にどうするか。

私が日本代表選手団・監督時代に選手だった、現日本卓球協会・専務理事の

木村興治選手は目標を紙に書き、壁、天井、机の前などにベタベタと貼って、

疲れ切って、気が失せそうになったとき、それを見ることによって発奮の糧にしていた。

“お前が勝たねば誰が中国に勝つんだ”

“フォアへきたボールは必ずスマッシュ”“サーブ+スマッシュ”と具体的だった。

“スマッシュの成功確率は80%”という基準を自分自身に課していた。

このように目標を紙に書き、机の前、手帳、壁、ベッドの真上などに貼り

心を集中させること。

就寝前などリラックスしている時に、声に出して読み上げる習慣を付けると、

潜在意識を活性化させ眠っている能力を引き出してくれる。

これは多くの成功者が実践している実証済みの方法です。

潜在意識とは、無意識のことで、無意識は眠っている時も休むことはなく

24時間稼動し続ける。

あることをしながら、その自分が今やっていることに気付かない心の深層部分のこと。

従って「目標を紙に書いて暗唱する」という行為は

目標を無意識の中に叩き込む、ということであり、

その目標を潜在意識に到達させることによって、

目標達成のために必要な能力をひきだしてくれる。

是非実行し、習慣化して自分の人生を成功への道に導こうではないか。

0回の閲覧