世界選手権雑感 そして人間成長の要

4月28日~5月5日、世界卓球選手権大会が開催され、

その感想を書きたかったので、今月の「語録」は5月6日とした。

世界卓球選手権大会も終わった。 多くの話題を提供して、連日超満員だったことは、

一卓球人として嬉しかった。しかし、結果は中国選手の独壇場となり、

日中の差が縮まらなかったことが残念に思う。 技術的には、台上処理以外は殆ど差が無いので、 何と言っても「心」と「体」の鍛え方が重要であると改めて確認できた。

医科学的に研究して、選手個人に対して必要な筋力強化のプログラムを、 早急に作る必要性を痛感した。

心理面での事例を取り上げるとすれば、 女子石川佳純 対帖雅娜の試合、ゲームカウント0-3 からの

4ゲーム目3-9から石川選手が諦めずに集中した粘り強さ。

一方、帖選手の楽勝ムードでの心のスキ。 卓球の心理面の恐ろしさを思い知らされた。 水谷・岸川のダブルス ガオ・ニンとヤン・ツーとの準々決勝、

審判判定後8-10からの執念による、逆転勝利、 翌日、準決勝2ゲーム目の7-3 リードから、強気な思い切りがなくなり、

逆転され、試合全体の流れが変わってしまった。 これらは、全て技術には関係ないところでの勝負である。

私はいつも 「リードしたら、リスクを冒しても、それまで以上に思い切れ。

相手も必ず開き直ってくる」 「負けている時は、開き直って思い切れ。

どんなことがあっても諦めるな」と 口グセのようにアドバイスしているが、これはビックな大会になればなる程、

重要なことである。この3つの事例、君たちも肝に銘じて、

今後の卓球人生に活かしてもらいたいと思う。

私は日本代表選手団の監督として、このような事例は数え切れない程、 体験したり、目撃したりしてきた。 もちろん、高度でハードな訓練を乗り越え、自信と誇りを持って、

高い目標に向かって意欲が充満している状態であるからこそ、

基本となる大事なアドバイスなのである。 今の日本は男女共、若い有望な選手がどんどん育っている。 近い将来、間違いなく打倒中国を果たし、世界に君臨できると思う。

先ずは、指導陣がこのことを確信し、ポテンシャルのある選手を、

いかに育てるか命懸けで研究し、アンテナを張り、選手と共に一丸と

ならなければならない。 こんな希望に満ちた、明るい時代は何十年ぶりだろう。

人が成長していくには ・ 熱中できるものを持つ ・ 持続する精神力を持つ ・ 絶対に諦めない ・ 新しい考え方を持つ ・ 自由な考え方を持つ ・ 自由闊達な発想を持つ

この6つが大事な要素である。

即ち、熱中し、持続し、さらに新しい考え方で活路を切り拓いていく姿勢が、 人間としての成長を促すのである。

強い選手は、過去の試合で何度も失敗を経験し、 今回の王皓のように、自分自身の弱点を克服し、 「絶対に世界チャンピオンになる」という「強い思い」で今大会に臨んできたと思う。

強さの本質は、負け試合における自分自身の問題を解決していく道程で 培われていくのである。 試合の経験とは、失敗の回数ではなく、リカバリーの回数である・・・

と知っておいて欲しい。

常に、物事を客観的に見る習慣をつけ、自分を外から見るようにする。 問題解決に積極的に取り組む姿勢、そして行動に移す、 そのことが価値ある自分を作り上げ、

世界で通用する自分を育てるのである。

自分を育てるコーチは、自分以外には存在しない。 指導者は、あくまでもアドバイザーである。

人間の能力なんて、大差はない。 どれだけ徹することが出来るかで、差が出るのである。

自分は何故卓球の道を選び、志してきたのか、原点に戻り 新たな一歩を踏み出していこう。

1回の閲覧