スーパープレーは集中力の成せるワザ

『スーパープレーは集中力の成せるワザ』                                       (顕在意識・潜在意識について理解しよう)                                                                                「ゾーンに入る」という表現があります。 卓球ばかりでなく、野球でも、ゴルフでも、 メディアでよく取上げられる言葉ですが、これは一種の神がかり的な状態で、 ラケットを振りさえすれば、いいコースへすばらしい強打が入ってしまうという、 観る人達の想像を超えた快挙が、現実のものとなる状態のことです。 このようなスーパープレーを導き出すのは、 プレーヤーの極限まで高められた集中力の成せるワザです。 では、そうした状態まで集中力を高めるには、一体どうしたらいいのか。 パフォーマンスを意図した体の動きと、そのプレーヤーのイメージが、 ピッタリとあったときに、観る人の想像を超えたワザが、 現実のものとなるのだろうと思います。 そう考えると、練習量の少ない人が、 大事な試合でスーパープレーを実現させるということは、 不可能だということが理解できます。 集中力を高める方法は、集中した訓練の質と量に比例するということです。 この集中した訓練の質と量が、最も重要である以上、 練習好きかどうかが将来を大きく左右することになるのです。 だから、普段の練習でも集中して、 一球一球ボールに立ち向かっていくことが大事です。 こうした心構えで練習している選手は、課題も見つかり、 それをクリアする目標も生まれるため、集中して練習ができるようになり、 そういう練習を積み重ねることにより、精神面でも、技術面でも、 自信と余裕が生まれてくるのです。 集中している状態というのは、雑念がない精神状態です。 しかし、その前に平常心(物事に動じない心)が土台として必要です。 感情が平静でなければ、集中もまた難しくなります。 とはいうものの、これは非常に難しいテーマです。 オリンピックや世界で活躍し、成功している選手の多くは、 寺院で修行したり、座禅を組んだりしています。 その他一般的にも、 雑念を払うのに有効とされているのが、呼吸法です。 不規則な息づかいは、 集中できないことの証明であるという研究結果もあります。 長く息を止められることは意識が安定し、 感情も落ち着いていることを証明しているそうです。 すなわち、平常心を保つには、呼吸を落ち着かせればいいわけで、 緊張したら深呼吸しろ━というのも一般的には当たり前に言われています。 瞑想してイメージし、精神状態をリセットし、しっかり目標を決めて、 それに向かって自分のやるべきことのみに意識を絞り込む。 そうした作業が進むにつれ、集中力も自然に高まっていきます。 私達には、顕在意識と潜在意識があります。 今こうしている瞬間も自分自身をコントロールしている、 顕在意識(表層意識)「理性的なもの」と、 表に表れない部分として働く、潜在意識(無意識)「本能的なもの」によって、 コントロールされて生きています。 そして、その割合は大体1:9といわれています。 つまり、日常、顕在意識が思考や行動に与える影響は、 たった1割程度だということです。 だから、思考や行動を変えるためには、 残り9割の潜在意識へアプローチしなければならないのです。 顕在意識とは、決意したり、判断したり、選択する心の領域であり、 望ましいこと、望ましくないことを識別する能力を持っています。 また、悩んだり、不安になったり、願望を持ったりします。 潜在意識とは、過去における考えや、心構えや、欲望の大きな貯蔵庫で、 その数百万にのぼる整理棚には毎日の生活の中で、読んだこと、聴いたこと、 観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。 潜在意識は創造的な洞察力や、直感力の無限な宝庫です。 潜在意識は目が覚めているときでも、 眠っているときでも24時間休まず活動しています。 例えば、われわれが眠っている間にも、 心臓の鼓動、呼吸、食物の消化、新陳代謝、 ホルモンの分泌など、体の機能を絶え間なく動かし続けてくれるのも 潜在意識の働きによるものです。 ただし、潜在意識は判断の機能を持たないので、 良い情報も、悪い情報も判断できずに、そのまま受け入れてしまいます。 現実か想像かの判断もできないそうです。 「強く思えば叶う」「思考は現実化する」と、 私は耳にタコができる位言っていますが、これは正しいのです。 なぜなら、これこそが日々行っている、 潜在意識へのアプローチだからです。 常に良いイメージを持ち、悪いイメージを持たないように、 徹底的に気をつけることです。 それが成功するためには、最も重要なことなのです。 そして、平常心を土台として、集中力を養う努力をしていきましょう。

13回の閲覧